やすらい祭 〔ヤスライマツリ〕

やすらい祭写真

●やすらい祭

毎年4月の第2日曜日に今宮神社で行われる「やすらい祭り」は疫病除けのお祭りです。
鞍馬の火祭」、「太秦の牛祭」とともに京都三大奇祭の一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

●やすらい祭の概要

平安時代後期、京都に疫病や災害が蔓延したため、これらを鎮め無病息災を祈願したのが始まりです。
現在では、花傘の下に入ると一年間無病息災で過ごすことができると言われています。
また、やすらい祭の日が晴れると、その年の京都の祭事はすべて晴れるという言い伝えがあります。

やすらい祭の概要写真

今宮神社写真

●今宮神社

今宮神社は、正暦5年(994)船岡山に創建された疫病鎮護の神社が起こりと伝えられ、その後、今の地に移されました。
徳川5代将軍綱吉の生母・桂昌院が、氏神として社殿の修復などに力を注ぎましたが、社殿の多くは明治時代の再建です。
祭神は、大国主命・事代主命・稲田姫命を祀っています。

●やすらい踊り

疫神を踊りの中に巻き込んで鎮めるため、鬼に扮した子供たちが「やすらい花や」の声に合わせて踊り、氏子区域を練り歩きます。最後は今宮神社でたくさんの観衆の前で踊りを奉納します。
小学校低学年くらいまでは「小鬼」で、中学生・高校生になると「大鬼」なのだとか。

やすらい踊り写真

ページトップ

■ おすすめバナー

  • 京都人気名所ランキング
  • 京都の祭
  • 七福神
  • ホームページ制作のエム・ツー
  • 営業日報 MarkII

しば漬けとすぐきは京都の漬物土井志ば漬本舗がほんとうにお勧め。

京都の結婚式場と結婚式は持ち出し0円のゼロ婚に相談下さい。