時代祭 〔ジダイマツリ〕

時代祭写真

●時代祭

山麗しく、水清き京都。
古都の秋を彩る優雅な歴史風俗絵巻「時代祭」は京都三代祭りの一つとして、毎年10月22日に京都市民の手によって催されます。
その起こりは、明治28年、平安遷都1100年を記念して平安神宮が創建されるとともに、京都市の公式の行事として始められたものです。

●時代祭の概要

正午になると、参加者約2000人、牛馬68頭、全長2㎞の行列が、京の時代を明治から幕末、江戸、鎌倉、室町、平安へとさかのぼって時代風俗を再現し、京都御所から平安神宮まで向かいます。

時代祭の概要写真

維新勤王隊列(明治維新時代)

●維新勤王隊列(明治維新時代)

先頭にたつ山国隊は京都御所より平安神宮までの約1時間40分演奏を続けます。横笛を担う方にはちょっときつい話ですが、過去100年の先輩諸氏の面目にかけてもくじけるわけにはいきませんね。
かの坂本竜馬も時代祭に登場します。維新の夜明けをめざし青春を疾走した竜馬。京都にも縁が深く、伏見の 寺田屋は今も現存しています。最後の地は地元土佐ではなく、京都の旅館でした。

●延暦文官参朝列(延暦時代)

延暦時代の公卿(くげ)方が朝廷に参上する時の様子です。この行列の中の三位と呼ばれる位の方は、全行列が平安神宮に入ると、全員を代表して祝辞を奉納されるそうです。
行列が立ち往生すると、動けない馬はしだいに機嫌が悪くなります。それをちらすために、先導する方が馬をその場で歩かせるわけですが、今回はやけに長いようです。あせる少年の顔が印象的でした。

延暦文官参朝列(延暦時代)

ページトップ

■ おすすめバナー

  • 京都人気名所ランキング
  • 京都の祭
  • 七福神
  • ホームページ制作のエム・ツー
  • 営業日報 MarkII

しば漬けとすぐきは京都の漬物土井志ば漬本舗がほんとうにお勧め。

京都の結婚式場と結婚式は持ち出し0円のゼロ婚に相談下さい。