葵祭 〔アオイマツリ〕

葵祭写真

●葵祭

京都三大祭りは5月の葵祭から。
平安装束に葵の葉や花を身につけた約1kmの行列が、京都御所から下鴨神社を経由し、上賀茂神社まで練り歩きます。

●葵祭の概要

欽明天皇(539~571年)の時代、凶作や疫病が流行したため、天皇が勅使をつかわし「鴨の神」の祭礼を行ったのが起源と言われています。平安時代中期には祭りといえば葵祭を指すほどで、『源氏物語』の「葵」の巻の舞台にもなっています。
応仁の乱後の約200年間や、明治、昭和の一時は行列が中断されることもありましたが、昭和28年(1953)から復活しています。

葵祭の概要写真

斉王代写真

●斉王代(さいおうだい)

かつては伊勢神宮や賀茂の神社に仕える未婚の内親王(斉王)が葵祭に仕えられましたが、昭和31年(1956)から民間の未婚女性が斉王の代理(=斉王代)として仕えています。
行列の中で最も華やかな一画です。

●華やかな牛車

葵祭りと言えば、目を引くのが草花で飾られた牛車です。牛車は行列の中で二回登場し、行列の中ごろに勅使の牛車が、最後尾に斎王の牛車が現れます。
現在は乗車するためと言うより、装飾として祭りを盛り上げています。

華やかな牛車写真

ページトップ

■ おすすめバナー

  • 京都人気名所ランキング
  • 京都の祭
  • 七福神
  • ホームページ制作のエム・ツー
  • 営業日報 MarkII

しば漬けとすぐきは京都の漬物土井志ば漬本舗がほんとうにお勧め。

京都の結婚式場と結婚式は持ち出し0円のゼロ婚に相談下さい。