西明寺 〔サイミョウジ〕

西明寺
住所:京都市右京区梅ケ畑槙尾町1
周辺地図を表示
桜・紅葉チャート
紅葉 ・・・iconiconiconicon
※このCHARTは、取材者の主観に基づくものです。

※このサイトの情報は、弊社が独自に取材したものです。
 西明寺の最新情報は公式サイトをご覧ください。


※情報に誤りがある場合は、お問合せからご連絡下さい。

西明寺は天長9年(832)に空海の高弟・智泉大徳が神護寺の別院として開いたお寺です。その後荒廃していたのを鎌倉時代に自証上人によって再興されました。石段をあがって表の門をくぐると正面に本堂が見えます。この本堂は徳川5代将軍綱吉の母・桂昌院の寄進によって、元禄年間に再建されたものです。


門前に清滝川が流れ、境内は紅葉の名所として知られています。本堂に安置されている本尊釈迦如来立像は清涼寺式の仏像で、脇の千手観音立像とともに重要文化財に指定されています。
栂尾(とがのお)の高山寺、高雄の神護寺と並んで京都の紅葉の代名詞となっています。


(取材日:1995年)


の見所

指月橋

清滝川にかかるこの橋は西明寺の入り口であり、記念撮影の名所です。 水面からかなり高い場所にあります。


(取材日:1995年)


の見所

境内の燈篭

かなり燈篭(とうろう)が多いお寺です。よく見ると献燈の文字が。 伏見稲荷の鳥居のように、西明寺では燈篭を奉納するのがよいのでしょうか(そういえばお寺の名前も「明」ですね)。


(取材日:1995年)


の見所

背の高い杉

これみよがしに伸びていた杉の木が1本。名がある木かと周囲の方に尋ねてみましたが結局わかりませんでした。


(取材日:1995年)


の見所

西明寺門前

初夏の青々とした彩りから、色相を反転させまた違った表情になります。


(取材日:1995年)


の見所

釣鐘から見た本堂

常緑の松と紅葉の調和が美しい境内。山寺とはいえこのあたりの寺社のなかでは上品な印象を受けました。


(取材日:1995年)


の見所

絵葉書のよう

人が全然いないせいか、自分の目に入るその光景はまるで絵葉書でした。やはり本当にこんな景色があるんだと実感出来ます。


(取材日:1995年)


50音で探す

おすすめバナー

  • 京の商店街
  • 京都人気名所ランキング
  • 京都の祭
  • 七福神
  • ホームページ制作のエム・ツー
  • 営業日報 MarkII
トリップアドバイザー

ウェブタウン京都トリップアドバイザー お役立ちサイトに選ばれました