仁和寺 〔ニンナジ〕

仁和寺
URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ninnaji/
住所:京都市右京区御室大内33
周辺地図を表示
桜・紅葉チャート
桜   ・・・iconiconicon
紅葉 ・・・iconiconicon
※このCHARTは、取材者の主観に基づくものです。

※このサイトの情報は、弊社が独自に取材したものです。
 仁和寺の最新情報は公式サイトをご覧ください。


※情報に誤りがある場合は、お問合せからご連絡下さい。

仁和2年(886年)光孝天皇の勅願寺として大内山の麓に着工したのが始まりで、光孝天皇の遺志を継いだ宇多天皇によって同4年に完成しました。
室とは僧の住む場所のことで、尊称して御室(おむろ)と呼ばれるようになったのですが、後にこの付近一帯の地名として定着しました。それにちなんで、仁和寺は別名「御室御所」とも呼ばれるようになりました。
真言宗御室派の総本山で、常に皇室と密接な関係を持つ門跡寺院として格式を誇っています。また、御室桜で名高い場所でもあります。


重厚な二王門を抜けると、左手に宸殿・白書院・黒書院などの御殿が並び、中門へと進むと金堂・御影堂・五重塔・観音堂があります。境内にある仁和寺霊宝館には本尊木造阿弥陀如来および両脇待像、絹本著色(けんぽんちゃくしょく)、孔雀明王像などの国宝をはじめ貴重な文化財を所蔵しています。境内は自然に恵まれ、春は御室桜(中門の左手一帯に咲き誇り高さ2m足らずの里桜)が、秋は紅葉など、四季折々の風情が楽しめます。また、背後にそびえる成就山は御室八十八ヶ所の遍路になっており、約3km、2時間あまりのコースになっています。


(取材日:1995年)


の見所

金堂(国宝)

京都御所の紫宸殿を移築したもので、王朝の気品に満ちています。


(取材日:1995年)


の見所

五重の塔(重要文化財)

各層の屋根の大きさがほぼ同じだとか。これは江戸時代の特徴を表わしているそうです。


(取材日:1995年)


の見所

南庭

白砂と杉松の施された庭には左近の桜、右近の橘が植えられています。


(取材日:1995年)


の見所

宸殿内部

床、違い棚、帳台構などがあり、螺鈿細工が施された本格的書院があります。


(取材日:1995年)


の見所

二王門

江戸時代に建てられ左右に金剛力士を安置することから、二王門と呼ばれています。「仁王」でないところがミソです。


(取材日:1995年)


の見所

金剛力士像

今にも動き出しそう。下から見上げるので威圧感倍増。


(取材日:1995年)


50音で探す

おすすめバナー

  • 京の商店街
  • 京都人気名所ランキング
  • 京都の祭
  • 七福神
  • ホームページ制作のエム・ツー
  • 営業日報 MarkII
トリップアドバイザー

ウェブタウン京都トリップアドバイザー お役立ちサイトに選ばれました