落柿舎 〔ラクシシャ〕

落柿舎
URL:http://www.rakushisha.jp/
住所:京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20
周辺地図を表示
桜・紅葉チャート
紅葉 ・・・iconiconicon
※このCHARTは、取材者の主観に基づくものです。

※このサイトの情報は、弊社が独自に取材したものです。
 落柿舎の最新情報は公式サイトをご覧ください。


※情報に誤りがある場合は、お問合せからご連絡下さい。

松尾芭蕉の門人で蕉門十哲の一人、向井去来の草庵で、元禄4年(1691)には芭蕉がこの草庵に滞在し、『嵯峨日記』を記したと言われています。
当時、庭にあった40本の柿の実が一夜のうちにほとんど落ちてしまったことから落柿舎と呼ばれるようになりました。
現在の庵は京都の俳人、井上重厚が再建したものです。


当時、去来が庵にいることを知らせるためにしていたように、今でも土間の壁には蓑と笠が掛けられています。落柿舎から北100mほどの路傍には「去来」とだけ彫られた向井去来の墓があります。
のどかな田園風景にしっくりとなじむ、わら葺の建物です。


(取材日:2010年11月)


の見所

田園風景

まるで日本昔話のような景色が広がります。


(取材日:2010年11月)


50音で探す

おすすめバナー

  • 京の商店街
  • 京都人気名所ランキング
  • 京都の祭
  • 七福神
  • ホームページ制作のエム・ツー
  • 営業日報 MarkII
トリップアドバイザー

ウェブタウン京都トリップアドバイザー お役立ちサイトに選ばれました